麻雀では、赤牌(あかはいを取り入れて対局を行う場合があります。

 五萬赤:麻雀王国 五筒赤:麻雀王国 五索赤:麻雀王国

赤牌とは、このように赤色で塗られた5の数牌のことです。

赤牌を取り入れたルールのことを赤ありと言いますが、このルールでは赤牌は常にドラとして扱います。そのため、赤牌は赤ドラとも呼ばれます。

こちらのページで詳しく説明していきます。

赤牌は五萬・5ピン・5ソーを1枚ずつ

赤牌は赤色で塗られた5の数牌(五萬赤:麻雀王国 五筒赤:麻雀王国 五索赤:麻雀王国)のことですが、1枚ずつ取り入れられるのが一般的です。

各赤牌の読み方は…

  • 五萬赤:麻雀王国アカウーマン
  • 五筒赤:麻雀王国アカウーピン
  • 五索赤:麻雀王国アカウーソー

と冒頭に「アカ」をつけます。

なお、各麻雀牌は4枚というルールに変わりはありませんので、通常の5の数牌(五萬:麻雀王国 五筒:麻雀王国 五索:麻雀王国)は3枚ずつ使われることになります。

 赤ありルール

赤牌は常にドラ扱い!

ドラとは点数の初心者向け解説で説明しましたが、得点がアップするボーナス牌でした。

ドラはゲーム開始時にランダムな1牌が設定されるルールなので、毎回変わります。

ところが、冒頭でも触れたように赤牌(五萬赤:麻雀王国 五筒赤:麻雀王国 五索赤:麻雀王国)は常にドラとして扱います。ここが通常のドラと赤ドラの大きな違いです。

初心者の方は「赤牌=ドラ」ということを覚えておき、手牌にあった場合は素直に喜びましょう!

補足

さて、これまでの説明で「例えばドラが五筒:麻雀王国の場合、五筒赤:麻雀王国の扱いはどうなるのか?」と気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

早速答えになりますが、五筒赤:麻雀王国はドラ2枚分の価値として扱います。スーパーボーナス牌ですね。

「通常のドラ」+「赤ドラ」という考え方で、ドラ2枚分の価値を持つことになります。