このページでは、麻雀のアガリで必要となる役とは何かを説明します。

初心者におすすめの代表的な役もいくつか紹介しています。

役とは何か?あがるための条件?

麻雀における役とは、アガリ形がある特定の牌やルールに従って構成されていることを指します。

ここまでパズルを完成させること=アガリと説明してきましたが、実はパズルを完成させるだけでなく、この役がないとアガリとはならないのです。

ホンイツの例

例①をご覧ください。こちらの手牌は萬子と字牌のみで構成されています。

麻雀には混一色(ホンイーソー)という役があり、その条件は「ある1色+字牌で構成されていること」です。例①の手牌はその条件を満たしてますので、混一色という役がつきます。

三色同順の例

例②をご覧ください。こちらの手牌は萬子・筒子・索子の3色でそれぞれ123の連番で構成された順子があります。

麻雀には三色同順(さんしょくどうじゅん)という役があり、その条件は「同じ連番の3色の順子が存在すること」です。例②の手牌はその条件を満たしていますので、三色同順という役がつきます。

このようにある特定の条件を満たすことで役がつき、アガることができるようになります。

補足

「役がないとあがれない?パズルを完成させるだけではダメなの?」と感じた方も多いか思いますが、ご安心ください。

麻雀にはリーチという役があり、この役の条件は「門前(鳴いていない状態)でテンパイ(あと1牌であがれる状態)していること」です。

つまりどんな手であっても、鳴いてさえいなければリーチという役をつけられるのです!

そのため、まず初心者の方は役を意識せず、テンパイの状態まで仕上げてリーチをすることを目指しましょう。

【初心者おすすめ】代表的な役の紹介

では、麻雀における役は全部でいくつあるのでしょうか。

基本的な役は全35種類です。「そんなに多くては覚えきれない!」という方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。役は全て覚えなくても麻雀は打てます。

というのも、35種類の中にはほとんど出ない役も含まれており、よく出る役さえ覚えておけば麻雀は楽しめるのです。私は10年以上麻雀をしていますが、見たことすらない役もあります。

これさえ覚えておけば大丈夫!という役を以下にまとめておきますので、初心者の方はまずこの5つを覚えましょう!

役については動画でも説明していますので、あわせてご覧ください。

➤ 初心者におすすめの役を動画で詳しく解説!

これ以外の役も見てみたいという方は、以下の役一覧をご覧ください。

麻雀の役一覧【見やすさ重視】

リーチ

リーチ

門前(めんぜん、鳴きを使用していない状態のこと)時にテンパイを入れたとき、以下の手順でリーチという役をつけることができます。
 ①リーチと発声する
 ②リーチ宣言牌(リーチ時の捨てる牌)を横に曲げる
 ③場に1,000点棒を出す
※リーチ後は手牌を変えることができなくなります。

ツモ

ツモ

門前時にツモアガリをしたとき、ツモという役になります。

平和(ピンフ)

ピンフ

門前時に以下の3つの条件を全て満たすとき、平和(ピンフ)という役がつきます。
 ・4面子全てが順子で構成されている
 ・リャンメン待ちである
 ・雀頭が役牌(三元牌/場風牌/自風牌)ではない

※平和は麻雀の基本的な役ですが、3つ目の雀頭の条件が難しいので、初心者の方は余裕があれば覚えましょう

断么九(タンヤオ)

タンヤオ

手牌が数牌の「2~8」の牌で構成されているとき、断么九(タンヤオ)という役がつきます。

飜牌(ファンパイ)・役牌(やくはい)

飜牌・役牌

三元牌/場風牌/自風牌で構成される面子があるとき、飜牌(ファンパイ)または役牌(やくはい)と呼ばれる役がつきます。

まとめ

役について押さえるポイントは以下の2点です。

  • 麻雀での役とは、アガリ形がある特定の牌や規則に従って構成されていることです。
  • 役がないとアガれません

役を全て覚えなくても麻雀は打てますが、役を知っていれば知っているほど麻雀を楽しむ幅は広がります。

役一覧に全ての役を掲載していますが、初心者向けの役一覧も用意しています。

今回説明した役については様々な難易度があります。麻雀ではアガったときに得点を獲得できますが、役が難しいほど得点は高くなります。

続いては、その麻雀の点数について解説します。