麻雀において平和(ピンフ)は基本的で重要な役ですが、初心者が条件を覚えるのに苦労する役としても有名です。

 「リーチやタンヤオは分かるけど、平和(ピンフ)はいまいちピンと来ない」

 「雀頭が字牌の場合だと自信がない…」

という方も多いのではないでしょうか?

そのような平和(ピンフ)の役ですが、4つの条件を覚えれば誰でも使いこなせるようになります!(一つ一つはとても簡単です!)

それでは、具体例と一緒にわかりやすく解説していきたいと思います!

平和とはどのような役なのか?

まずは、平和(ピンフ)とはどのような役なのかを見ていきましょう。以下の画像が平和の例になります。

※1飜役という記載がありますが、点数に関連する用語です。平和の条件を理解する上ではスルーでOKですが、もし気になる方は飜数の説明をご覧ください。

一見すると、目立った特徴のない普通の形ですが…

この平和が成立するためには、以下の4つの条件を満たす必要があるのです。

  1. 鳴いていないこと
  2. 4面子がすべて順子(123などの連番の組合せ)で構成されていること
  3. リャンメン待ち(78など)であること
  4. 雀頭が役牌(三元牌/場風牌/自風牌)ではないこと

これだけの条件があると複雑で難しいように感じられますが、一つずつ押さえていけば初心者でも十分に理解できます!

それぞれの条件について、順番に解説していきます。

【平和の条件①】鳴かないこと

最初の条件は非常にシンプルで鳴かないことです。

ポン、チー、カンをした場合は、他の条件が満たされていても平和は成立しません。

麻雀役の平和の条件1

ちなみに、この鳴いていない状態のことを門前(メンゼン)ともいいます。

鳴きについては、以下のページをご覧ください。

麻雀の鳴きについて(ポン・チー)

【平和の条件②】順子(連番の組み合わせ)で構成されていること

順子(シュンツ)とは、同種類(同じ色)の数牌で、連続した3牌の組み合わせのことです。

たとえば、一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国といった連番で構成される組み合わせは全て順子となります。

平和では、4面子すべてが順子で構成される必要があります。

麻雀役の平和の条件2

順子の説明を詳しく見たい方は、以下のページをご覧ください。

麻雀牌の組み合わせについて

【平和の条件③】リャンメン待ちであること

麻雀の待ちとは、アガリとなる牌のことを表します。

そしてリャンメン待ちとは、順子が完成するのに必要な待ちが2種類ある状態のことでした。

たとえば、七索:麻雀王国八索:麻雀王国はリャンメン待ちの一つです。六索:麻雀王国九索:麻雀王国の2種類が待ちとなり、いずれの場合も順子が完成します。

このリャンメン待ちも、平和が成立するための条件です。

麻雀役の平和の条件3

【平和の条件④】雀頭が役牌ではないこと

最後になりましたが、この条件が初心者の平和に対する苦手意識を生んでいるのでしょう。

雀頭(2枚のペア)が役牌でなければOKという条件ですが、そもそもの役牌の定義から確認しましょう。

役牌とは、3枚以上持っていると役が成立する字牌のことで、具体的には三元牌、自風牌、場風牌の3種類があります。

 三元牌白:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国

 自風牌:自分の風牌のこと。例えば、親のときの東:麻雀王国、西家のときの西:麻雀王国など

 場風牌:東場の場合は東:麻雀王国、南場の場合は南:麻雀王国

雀頭がこの3種類のどれにも該当しないことが、平和の条件の一つです。

麻雀役の平和の条件4

最後の雀頭の条件については、ある程度の慣れが必要であることは否めません。

そのため、まだ判断が難しいという方は「雀頭が数牌であれば問題ない」と理解しておくことをオススメします。

動画でもわかりやすく解説しています

平和については、以下の動画でも解説しています。

初心者にとっても分かりやすい内容になっていますので、気になる方は是非ご覧ください!

平和の例を問題形式で紹介!

ここまで平和(ピンフ)の条件を説明してきましたが、より実践的に理解していただくために練習問題を用意しました。

練習問題

東1局 南家の状況において、次の4つの中で平和が成立するのはどれでしょうか?

いずれも鳴いていないものとします。

  1. 二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国
  2. 四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国
  3. 南:麻雀王国南:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国
  4. 一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国

答え

それでは答えを見ていきましょう。

[1の場合]三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国の刻子がありますので、平和の4面子すべてが順子という条件を満たしていません。

[2の場合]カンチャン待ち(四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国になっているので、リャンメン待ちという条件を満たしません。

[3の場合]ここで注目するのは雀頭(南:麻雀王国南:麻雀王国です。この問題は南家の状況ですので南:麻雀王国は役牌になります。雀頭が役牌ではないという条件を満たしません。

[4の場合]4面子すべてが順子、四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国のリャンメン待ち、雀頭の西:麻雀王国は役牌ではないので平和に必要なすべての条件を満たします

したがって答えは4となります。

【補足】平和の点数計算(ツモ・ロン)

補足になりますが、平和の点数計算について気になる方は、以下のページをご覧ください。

初心者の方でも簡単に点数計算ができるようにまとめています。

初心者向けの点数計算方法の解説

平和の条件・解説まとめ

このページでは、初心者が難しいと感じる平和(ピンフ)について解説しましたがいかがでしたか?

最後に、平和の条件を確認しましょう。

  1. 鳴いていないこと
  2. 4面子がすべて順子(123などの連番の組合せ)で構成されていること
  3. リャンメン待ち(78など)であること
  4. 雀頭が役牌(三元牌/場風牌/自風牌)ではないこと

また、平和以外も含めて初心者向けの役は以下のページでまとめています。

初心者向けの役一覧

タンヤオについて徹底解説!鳴いてもOK、初心者おすすめの役