タンヤオ(断么九)とは麻雀の役のことで、その条件は「2~8の数牌だけで手牌を完成させる」と至ってシンプルです。

ポン・チー・カンと鳴いてもOKですし、条件がシンプルなことから初心者おすすめの役と言えます。

また、タンヤオ(断么九)は「リーチ」や「平和(ピンフ)」といった基本的な役とも複合しやすく、覚えておくべき役です。

このページでは、タンヤオ(断么九)について徹底解説します!

タンヤオ(断么九)とはどんな役か?

まずタンヤオの意味・条件について解説します。以下がタンヤオの例になります。

タンヤオ

こちらの手牌、よく見ると数牌だけで構成されていますね。さらに、その中でも2~8の数牌のみが使われています。

このように手牌が数牌の「2~8」で構成されているとき、断么九(タンヤオ)という役がつきます。

2~8の数牌だけを使えば役の条件はクリア!逆に19字牌があるとNG

初心者の方向けに、2~8の数牌を表したのが以下の画像になります。

役_タンヤオの解説_2-8の数牌が使える!19字牌はNG

麻雀牌は全部で34種類ありますが、そのうち2~8の数牌は24種類です。

これだけ多くの種類の牌が使えるので、タンヤオは初心者でも狙いやすい役と言えるのです。

一方で2~8の数牌以外、つまり数牌の1・9や字牌のことを19字牌ともいいます。

この19字牌が一つでもあると、タンヤオの役は成立しないということです。

上記のような牌の種類に関する解説は、以下のページが参考になります。

麻雀牌の種類についてわかりやすく解説!

鳴き(ポン・チー・カン)が可能

タンヤオの大きな特徴として、ポン・チー・カンと鳴いても役が成立する点があります。

鳴いてしまうと役が成立しなくなるケースは多く、たとえば鳴いているとリーチをかけることはできませんし、平和(ピンフ)は鳴いてしまうと役がつきません。

この鳴けるという点がタンヤオの大きな魅力であり、プロ・上級者でもスピードを重視する局面では、このタンヤオを狙うのが王道です。

鳴きについては、以下のページが参考になります。

ツモや鳴き(ポン・チー)について解説

【中級者向け】鳴き「カン」に関する解説

タンヤオ(断么九)は1飜役

タンヤオは1飜役ですので、タンヤオだけでは点数が高くなりません。

リーチ」や「平和(ピンフ)」といった他の役を組み合わせたり、ドラを使ったりすることで点数を高くしましょう。

ちなみに鳴いた場合も変わらず1飜役となります。

点数や飜数については以下のページが参考になります。

麻雀の飜数やドラとは?初心者向けに解説

リーチやピンフ(平和)と相性が良い!タンピン?メンタンピンとは?

初心者おすすめの役「タンヤオ」ですが、他の基本的な役「リーチ」や「平和(ピンフ)」とは相性が良いです。

「メンタン(面タン)」「タンピン」「メンタンピン(面タンピン)」のような語呂が存在するくらいです。

もし鳴かずにタンヤオが狙えそうピンフば、リーチや平和(ピンフ)も一緒に狙えないか検討しましょう!

麻雀の基本的な役「リーチ」について徹底解説

麻雀の基本的な役「平和」について徹底解説

メンタン(面タン)は「リーチ」+「タンヤオ」

リーチとタンヤオの二つの役がついた場合、メンタン(面タン)と呼ばれることがあります。

メンタン_タンヤオの解説

タンピンは「タンヤオ」+「平和(ピンフ)」

タンヤオと平和(ピンフ)の二つの役がついた場合、タンピンと呼ばれることがあります。

タンピン_タンヤオの解説

メンタンピンは「リーチ」+「タンヤオ」+「平和(ピンフ)」

リーチとタンヤオと平和(ピンフ)の三つの役がついた場合、メンタンピン(面タンピン)と呼ばれることがあります。

メンタンピン_タンヤオの解説

なおタンヤオ以外も含めて、初心者おすすめの役は以下のページで一覧化してますので、ご参考になれば幸いです。

初心者が覚えるべき役を紹介!