前回のパートではアガリに必要な役について説明しましたが、役には難易度があります。難しい役ほどアガったときの得点は高くなります。

また、ドラと呼ばれるボーナス牌を使うことでも得点は高くなります。

このページでは、麻雀の点数ついて説明します。

難しい役は得点が高い

役には様々な種類がありますが、役によって難易度は異なり、獲得できる得点も変わります。

難しい・珍しい役は得点が高く、簡単な役は得点が低く設定されています。それぞれの役には飜数(ファンスウ、ハンスウ)というものが設定されてます。この飜数は役の難しさ・珍しさを表しているとイメージしてください。

以下の例をご覧ください。

役の難易度と飜数

簡単な役Aのケースでは1飜で1,000点、難しい役Bのケースでは3飜で5,200点となっています。

役が難しいほどすなわち飜数が大きいほど、アガったときに獲得できる得点は高くなります。

役を組み合わせる

様々な役が存在すると説明してきましたが、役は組み合わせることができます。手牌の中に複数の役が存在する場合は、役の飜数の合計に応じた得点を獲得できます。

以下の例をご覧ください。

役を組み合わせる

こちらの手牌には、飜牌(1飜)と混一色(3飜)という役がつきます。このとき、獲得できる得点は4飜分の8,000点となります。

飜数と得点の関係

飜数が大きくなると得点が高くなると説明してきましたが、ここでは具体的にどのような関係性になっているを説明します。

ここからは親と子という言葉が出てきます。麻雀では、各プレイヤーに親(1人)と子(3人)の役割が与えられ、親の得点は子の1.5倍になります。

親と子の詳細については、後ほど説明するゲームの進め方をご覧ください。

まずは子の場合から説明します。

飜数と点数の関係【子】

1~4飜までは、1飜増えると得点が2倍になります。

4-5飜は満貫(マンガン)、6-7飜は跳満(ハネマン)、8-10飜は倍満(バイマン)、11以上の飜は三倍満(サンバイマン)と階級分けされています。

「満貫→跳満」と「跳満→倍満」の場合は得点は4,000点高くなり、「倍満→三倍萬」の場合は得点は8,000点高くなります。

なお、役満は飜数に関係なく一律32,000点です。

飜数と点数の関係【親】

続いては親の場合です。親は子と比べて点数は1.5倍になります。

1~4飜までは子と同様に、1飜増えると得点が2倍になります。

「満貫→跳満」と「跳満→倍満」の場合は得点は6,000点高くなり、「倍満→三倍萬」の場合は得点は12,000点高くなります。

なお、役満は飜数に関係なく一律48,000点です。

最後に、初心者向けの点数表として以下にまとめておきます。

手点数のイメージ

実際のところ、点数計算には符計算(ふけいさん)と呼ばれる少し複雑な計算が必要ですが、初心者の方は上図のイメージで問題ありません。

麻雀の符計算について

ドラとは? 得点アップのボーナス牌

役以外にも飜数を大きくし、得点を高くする方法があります。それはドラと呼ばれる得点アップのボーナス牌を使うことです。

このドラはゲーム開始時にランダムに1牌設定され、このドラを手牌に組み込むことで飜数を増やすことができます。ドラ1枚当たり1飜大きくなります。

ドラの説明

この例では、タンヤオの1飜に加えてドラの4ピンが1枚ありますので、「タンヤオ+ドラ1」で2飜分の2,000点となります。

ドラには大事な注意点があります。それは、ドラは役とはなりませんので、ドラだけではアガれません。ドラはあくまで飜数を増やし得点をアップさせるボーナス牌でしかないのです。

ツモアガリとロンアガリ

アガリについてで説明しましたが、アガリにはツモアガリとロンアガリの2種類があります。ツモアガリは自分がツモった牌でアガることを指し、ロンアガリは他人が捨てた牌でアガることを指します。

このツモ/ロンアガリの場合で、得点の移動方法は大きく変わります。

ツモアガリの説明
ロンアガリの説明

こちらの図であるように、ツモアガリでは全員から得点を貰えるに対し、ロンアガリではアガった人からのみ得点を貰います

補足

ツモアガリについて、親アガる場合と子がアガる場合で得点の移動方法が異なります。

親がツモアガリした場合

→子3人は等しく点棒を支払います

 例えば、親が12,000点をツモアガリした場合、子3人は4,000点を親に支払います。

子がツモアガリした場合

→親は子の倍の点数を支払います

 例えば、子が8,000点をツモアガリした場合、子2人は2,000点を支払い、親は4,000点を支払います。

まとめ

このページでは麻雀の点数について説明しました。ドラという言葉だけ聞いたことある方も、ドラとは何かご理解いただけたのではないでしょうか?

細かい部分まで解説してきましたが、点数に関して大事なポイントは以下の3点です。

  • 役にはそれぞれ飜数(難易度)が設定されていて、飜数が大きくなると得点は高くなる。
  • 役以外にもドラというボーナス牌を使うことで飜数を増やし、得点を高くすることができる。ただしドラは役ではないので、ドラだけではアガることはできない
  • ツモアガリでは全員から点数をもらうが、ロンアガリでは放銃した人から点数をもらう。

初心者の方は、以上のポイントだけ押さえておけばOKです。

実際のところは点数計算が必要になりますが、中級者向けの内容です。とはいえ気になる方は以下をご覧ください。

麻雀の点数計算ってどうやるの?

続いてはいよいよ実際に対局するための準備に入ります。まずは対局する場所の麻雀卓の説明から行います。