麻雀の点数を覚えるのに苦労する方は多いのではないでしょうか?

何パターンもの点数があるため、点数表をただ丸暗記するのは大変ですが、実はちょっとした覚える方法やコツがあるのです。

このページで紹介しますので、参考にしてみてください!

点数表を全て覚える必要はない?点数の出現頻度について

麻雀の点数表は以下のように、「」と「飜数」で整理されているのが一般的です。

子の点数表

子の点数早見表

これに加えて親の点数表もありますので、かなりのボリュームですね…

しかし対局を楽しむという意味では、そもそも点数を全て覚える必要はありません。

というのもレアケースでしか出ない点数も存在し、それらは覚えなくても対局にほとんど支障はないからです。役満よりも出現頻度が低い点数のパターンもあります。

裏返しになりますが、出現頻度の高い点数を覚えておけば大丈夫ということになります。

では、どの点数を覚えれば良いのでしょうか?

結論からいうと、20符、25符、30符、40符、70符になりますが、以降のパートで解説させていただきます。

最低限覚えておくべき点数

まずは最低限覚えておくべき点数について説明します。

点数表の覚えるコツ_最低限覚えるべき点数

20符の点数(平和・ツモ系)

20符のあがりは、全て「平和・ツモ」の役がつきます。

たとえば、子が「リーチ・平和・ツモ・ドラ1」をあがった場合、4飜20符なので1,300/2,600の点数申告となります。

25符の点数(七対子系)

25符のあがりは、全て「七対子(チートイツ)」の役がつきます。

たとえば、子が「タンヤオ・七対子」をあがった場合、3飜30符なので3,200点です。

30符、40符の点数

30符、40符のあがりも非常によく出てきます。皆さんも実感があるのではないでしょうか?

点数表の覚えるコツ_30符の例

点数表の覚えるコツ_40符

ここで紹介した20符~40符までの点数のパターンは必ず押さえておきましょう。

符計算に自信のない方は、以下のページをご覧ください。

符計算方法を徹底解説

続いては、50符と60符について説明したいと思いますが…

実はここまでで登場した25符と30符の点数を覚えていれば、50符と60符の暗記は不要です。

「1飜増やし、符を半分にすると同じ点数になる」という法則

唐突ですが、麻雀の点数計算の裏側には基本点という考え方があり、この都合上「1飜増やし、符を半分にすると同じ点数になる」という性質があります。

※この基本点を知らなくても点数計算に全く問題はないので、気になる方だけご確認ください。

逆に、「1飜減らし、符を倍にすると同じ点数になる」という関係性も成り立ちます。

具体的にどういうことでしょうか?点数表で確認していきましょう。

25符(七対子)の点数から50符の点数が分かる

点数表の覚えるコツ_25符と50符の関係

オレンジ色で強調された部分に注目してみます。たとえば、2飜50符と3飜25符の点数が同じ3,200点になっていますね。

2飜50符に対して、1飜増やし(2飜→3飜)、符を半分(50符→25符)にした結果は3飜25符で、両者の点数は同じになっていることが分かります。

このケースに限らず、50符の点数は25符の点数から簡単に計算できてしまうのです!

子のロンアガリの場合

1飜50符→2飜25符(1,600点)

2飜50符→3飜25符(3,200点)

3飜50符→4飜25符(6,400点)

この関係性だけ押えておけば、50符の点数を覚える必要はありません

30符の点数から60符の点数が分かる

同様に、60符についても確認してみましょう。

点数表の覚えるコツ_30符と60符の関係

オレンジ色で強調された部分に注目してみます。たとえば、2飜60符と3飜30符の点数が同じ3,900点になっていますね。

その他のケースも確認してみると

子のロンアガリの場合

1飜60符→2飜30符(2,000点)

2飜60符→3飜30符(3,900点)

3飜60符→4飜30符(7,700点)※切り上げ満貫

この関係性だけ押えておけば、60符の点数も覚える必要はありません!

70符も覚えてみましょう(余力があれば)

ここまで理解した皆さんは、20~60符までの点数を理解できたかと思います。

余力のある方は、70符の点数も覚えてみましょう。

出現頻度は決して高くはありませんが、70符のあがりも出てくることがあるからです。

点数表の覚えるコツ_70符の例

このように、么九牌(ヤオチューパイ)を暗カンした手牌のロンアガリにおいて、70符が該当することがあります。

点数表の覚えるコツ_70符の例

語呂を使った点数の覚え方

覚えるべき点数について解説してきましたが、いかがでしたか?

まずは20符・25符・30符・40符の点数を覚えて、50符・60符はそれぞれ25符・30符から逆算し、余力がある方は70符まで覚えるという方法をオススメします。

当然、80符以降も含めた全ての点数を覚えるに越したことはありませんが、この覚え方でも対局にほとんど支障は出ないでしょう。

なお、麻雀の点数は語呂で読むこともありますので、最後に紹介したいと思います。

  • ゴットー(500/1,000)
  • イチサンニーロク(1,300/2,600)
  • イチロクザンニ(1,600/3,200)
  • ニック(2,900)
  • ザンク(3,900)
  • ゴッパー(5,800)
  • チッチー(7,700)
  • ヨンパー(4,800)
  • ロクヨン(6,400)
  • クンロク(9,600)