「麻雀ルール」の記事一覧(2 / 4ページ目)

リーチ中の暗カンは注意!反則の暗カンについて

麻雀ルール

暗カンは点数が高くなるので積極的に行いたいところですが、リーチ中の暗カンは反則扱いとなる場合があります。反則の暗カンを行い、アガリ/流局時に手牌を開いた場合はチョンボの対象となります。このページでは反則の暗カンについて、具体例と一緒に説明していきます。

麻雀のフリテンの解消方法を徹底解説!

麻雀ルール 麻雀戦術

麻雀ではフリテンになってしまうとロンアガリができなくなりますが、待ちを変えることでフリテンを解消できる場合があります。「1.テンパイを維持したまま待ちの形を変える」「2.テンパイからイーシャンテンに戻し、新しいターツを使って再びテンパイする」という二つの方法があります。

麻雀のフリテンについてプロが徹底解説!

麻雀ルール

このページでは何をしたらフリテンになるのか...というフリテンの条件について、具体例と一緒に分かりやすく解説しています。フリテンとはテンパイしているがロンアガリできない状態のことを指します。ただし、フリテンの状態でもツモアガリは可能です。

麻雀の難しい待ち【3種類待ち】Part2

麻雀ルール

対局中に麻雀の待ちが分からなくなるという方は多いのではないでしょうか?実はどんなに難しい待ちでも、リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの基本的な形で考えることができます。このページでは、難しい待ちの中でも待ち牌が3種類あるパターンについて説明します。

麻雀の難しい待ち【3種類待ち】Part1

麻雀ルール

対局中に麻雀の待ちが分からなくなるという方は多いのではないでしょうか?実はどんなに難しい待ちでも、リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの基本的な形で考えることができます。このページでは、難しい待ちの中でも待ち牌が3種類あるパターンについて説明します。

麻雀の難しい待ち【2種類待ち】

麻雀ルール

対局中に麻雀の待ちが分からなくなるという方は多いのではないでしょうか?実はどんなに難しい待ちでも、リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの基本的な形で考えることができます。このページでは、難しい待ちの中でも待ち牌が2種類あるパターンについて説明します。

符計算が不要な3つの例外について

麻雀ルール

点数計算において符計算は重要ですが、実は符計算が不要である3つの例外があります。その例外とは、①平和はツモ20符・ロン30符、②七対子は25符、③手牌構成が4つの順子の鳴いたアガリは30符の場合です。この3つの例外について、具体例を使いながら説明します。

点数計算の簡単なやり方・覚え方を麻雀プロが解説!

麻雀ルール

麻雀の点数計算を簡単に表現すると、「①飜数を数え、②符を計算し、③点数に換算する」の3ステップで表すことができます。各ステップのやり方を覚えるだけで、簡単に点数計算を覚えることができます。このページでは、イラストや具体例を用いながら分かりやすく説明します。

ページの先頭へ