麻雀で最も低い点数は1,000点ですが、その理由をご存知でしょうか?

麻雀の点数計算といえば、「飜数と符を頼りに点数表を参照する」という考え方が一般的ですが、実はこの点数計算のベースには「基本点」「場ゾロ」という考え方があるのです。

正直なところ、この基本点や場ゾロを知らなくても問題なく麻雀を楽しむことはできますが、

「なぜ1,000点が最低点数なのか?」

という疑問をお持ちの方のために、このページで解説させていただきます。

点数計算のベースとなる基本点とは?

まずは基本点の定義について説明します。

この基本点は飜数が関係する値であり、算出方法は以下のようになります。

基本点の算出方法

オレンジ色で強調している「2」が場ゾロというもので、バンバンと呼ばれる方もいます。

馴染みのない方がほとんどかと思いますが、この計算式にしたがって基本点なるものが算出されます。

たとえば、2飜30符の基本点はどうなるかといいますと

基本点の算出例1

基本点は480点という計算結果になりました。

「最低点数の1,000点よりも小さい数字が出てきた…」と見慣れない数字に困惑された方、ご安心ください。もう1ステップ踏む必要があります。

続いて、この基本点から実際の点数(1,000点、2,000点など)を計算する方法を説明します。

基本点から点数を算出する!

さて、この基本点を使ってどのように点数を計算するのかという話ですが、

親なのか子なのかロンアガリなのかツモアガリなのか、によって変わってきます。

結論からお見せしますと、以下のイメージです。

基本点の算出パターン

子のロンアガリ

基本点の4倍の点数になります。

親のロンアガリ

基本点の6倍の点数になります。

子の4倍に対して親では6倍となっているのがポイントで、当たり前となっている親の点数は子の1.5倍というのも、この倍数の差分に基づいています。

子のツモアガリ

親からは基本点の2倍、子からは基本点の1倍の点数をもらいます。

親のツモアガリ

子全員からは基本点の2倍の点数をもらいます。

全体を通して、1点だけ注意すべきポイントがあります。

それは基本点から点数を算出した結果、100点未満は切り上げるということです。

ということで、実際の計算を具体例で見ていきましょう!

【2飜30符の例】基本点から点数を算出

先ほども出てきました2飜30符の場合、基本点は480点でした。

では、子のロンアガリの点数を計算してみると、

 480×4=1,920 → 2,000点

基本点の4倍で1,920と計算され、100点未満を切り上げて2,000点という結果になりました。

続いて、親のツモアガリの点数を計算してみると。

 480×2=960 → 1,000点

基本点の2倍で960と計算され、100点未満を切り上げて1,000点オールという結果になりました。

麻雀の点数表と見比べても、この計算結果と整合していることが分かります。

子の場合

子の点数表

親の場合

親の点数表

麻雀の最低点数が1,000点の理由

基本点に基づいた点数計算の仕組みを説明したところで、最初の疑問に立ち返りましょう。

「なぜ1,000点が最低点数なのか?」

点数が1,000点となるケースは、子の1飜30符のロンアガリです。平和のみ、喰いタンのみといったケースですね。

この場合の基本点を計算すると、240になります。

基本点の算出例2

基本点から点数を算出しますが、子のロンアガリの場合は基本点の4倍を計算し、100点未満を切り上げた数字が点数ということでした。

 240×4=960 → 1,000点

基本点を考慮して上記の計算をすると、最低点数のケース(子の1飜30符ロンアガリ)では1,000点となるためです。

昨今の点数計算は簡略化された計算が主流なので、このような基本点の計算はしませんが、

最低点数である1,000点が算出される仕組みを理解いただけたら幸いです。

ちなみに満貫以上の基本点は?

そもそも符計算が不要である満貫以上の場合、基本点は次のように決められています。

  • 満貫:2,000
  • 跳満:3,000
  • 倍満:4,000
  • 三倍満:6,000
  • 役満:8,000

たとえば、子の満貫のツモアガリなら、子からは基本点×1の2,000点、親からか基本点×2の4,000点をもらいます。

親の役満のロンアガリなら、基本点×6の48,000点が点数となります。