「中級者向け」タグの記事一覧(2 / 4ページ目)

多面待ちの練習問題③!プロが作成&解説

待ち問題

リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの麻雀の基本的な待ちは理解していても、「これは何待ちだ?」と迷ってしまう手牌に遭遇することもあるでしょう。こちらのページでは、基本的な待ちは既に理解している中級者以上の方を対象に、待ちの練習問題を公開しています。

多面待ちの練習問題①!プロが作成&解説

待ち問題

リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの麻雀の基本的な待ちは理解していても、「これは何待ちだ?」と迷ってしまう手牌に遭遇することもあるでしょう。こちらのページでは、基本的な待ちは既に理解している中級者以上の方を対象に、待ちの練習問題を公開しています。

多面待ちの練習問題②!プロが作成&解説

待ち問題

リャンメン待ちやカンチャン待ちなどの麻雀の基本的な待ちは理解していても、「これは何待ちだ?」と迷ってしまう手牌に遭遇することもあるでしょう。こちらのページでは、基本的な待ちは既に理解している中級者以上の方を対象に、待ちの練習問題を公開しています。

牌効率の基礎② 孤立牌の切り順の解説

麻雀戦術

牌効率を重視し効率的に打つ場合は、塔子(ターツ)ではなく孤立牌から切りましょうという説明をしました。ですが一重に孤立牌と言っても、手牌の中に様々な孤立牌があることもあります。このページでは、牌効率の観点ではどの孤立牌から切るべきなのかを説明します。

牌効率の基礎① 孤立牌を優先して切る

麻雀戦術

牌効率(はいこうりつ)とは、「手牌の中で、どれを切れば最短でテンパイにたどり着くか」という効率のことです。このページでは、初心者にも分かりやすいように具体例を使いながら牌効率の基礎を説明します。麻雀ではテンパイに向けて効率良く手牌を進めることがとても重要です。

ウマ・オカの定義や計算方法を解説!麻雀の順位点について

麻雀ルール

麻雀の順位点(ウマ・オカ)の計算方法について、図や具体例と一緒に分かりやすく解説します。順位点の計算方法にはウマとオカの2種類があります。ウマとは4位が1位の人に、3位が2位の人にポイントを与える仕組みで、オカとは1位の人にトップ賞のボーナスポイントが与えられる仕組みです。

九種九牌などの途中流局について解説!親は流れる?積み棒の扱いは?

麻雀ルール

麻雀では、局の進行中でもある条件が満たされれば流局扱いとする途中流局というルールがあります。九種九牌(きゅうしゅきゅうはい)が代表例で、「第一ツモ直後の手牌で一九字牌が9種類以上ある」と流局を選択できます。途中流局の全5パターンを説明します。

リーチ中の暗カンは注意!反則の暗カンについて

麻雀ルール

暗カンは点数が高くなるので積極的に行いたいところですが、リーチ中の暗カンは反則扱いとなる場合があります。反則の暗カンを行い、アガリ/流局時に手牌を開いた場合はチョンボの対象となります。このページでは反則の暗カンについて、具体例と一緒に説明していきます。

ページの先頭へ